がん療養中の運動効果と運動を行う上の目安

抗がん剤治療による副作用のだるさ・倦怠感や食欲不振、便秘の対処法としてウォーキングやストレッチ、ヨガなど軽い運動を取り入れることを、当サイトを含むがん情報サイトで推奨しています。ここでは、がんの治療中や治療後における運動の効果について、免疫との関係も含めながら紹介します。


運動療法とは

がんの進行や抗がん剤治療による副作用、あるいは放射線治療や外科的手術による後遺症などの影響で、体力や筋肉が低下し体重が減少することがあります。そのような症状に対処するため、筋肉の分解を防ぐ栄養素、BCAA(分枝鎖アミノ酸;バリン、ロイシン、イソロイシン)や、ビタミンD、EPA(エイコサペンタ塩酸)を摂ることが必要です(そのような栄養素を多く含む食材について当サイトで紹介していますので、ご覧ください)。

また、もう一つの対処方法は運動療法を取り入れることです。運動療法には以下の種類があります。

有酸素運動;酸素を取り入れ、糖や脂肪を分解することでエネルギーを作り出しながら一定時間継続的に行う全身運動

例)ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリング、エアロバイク、ラジオ体操、ヨガ、太極拳など

レジスタンス(抵抗)運動;筋肉に対し一定の抵抗負荷をかけて行う運動

例)ストレッチ体操、ダンベル、腕立て伏せ、スクワットなど

運動療法による臨床効果

がんの治療中あるいは治療後の運動療法は、これまで行われてきた無作為化(ランダム化)比較試験で効果が示されています。試験で行われた運動の種類はウォーキング、サイクリング、ヨガ、筋肉トレーニング、気功、太極拳など様々です。運動を行った時間や回数、期間が各試験で様々なため、それぞれの運動ついての効果を言及することはできませんが(ヨガの効果については当サイトで紹介していますので、ご覧ください)、運動全般の効果については日本緩和医療学会発刊の「がんの補完代替療法クリニカル・エビデンス2016年版」では次のように示されています。

乳がんや頭頚部癌患者の治療に関連した肩の痛みの軽減に有用

大腸がんを除く乳がん、肺がん、造血器腫瘍など様々ながん一般の症例に対して、がん治療中あるいは治療後の倦怠感の軽減に有用

睡眠障害の軽減に有用かもしれない。

身体機能BMI、体重、体組成、体脂肪、酸素消費量)や耐久力、心肺機能、上下肢の筋力、活動量、運動耐性、運動許容量、免疫機能、リンパ浮腫、骨密度の改善、退院促進に有用

造血器を除くがん患者に運動療法(有酸素運動、抵抗運動(=レジスタンス運動)、ヨガ、気功、太極拳等)を行うことは不安、抑うつ、ストレス、感情的健康状態、情緒的健康の改善に有用

がん治療中・後を含め、がん一般、乳がん、造血器腫瘍の患者に運動療法を行うことは、全般的なQOL(生活の質)を改善する。

運動による疲労の軽減効果

運動による効果の一例として疲労の軽減が挙げられます。疲労は病気に対する生存のための適用行動変化の一つです。倦怠感や眠気もその中に含まれますが、このような行動変化は脳を刺激して体の中で炎症性サイトカインと呼ばれる炎症を促進する因子(腫瘍壊死因子(TNF)-αおよびインターロイキン(IL)-6など)を放出し、最終的に病気の感情を誘発します。 炎症性サイトカインは体内に長く存在すると慢性炎症を引き起こします。がんについても炎症性サイトカインが体の中に長く存在する状態で、疾患の進行などの予後に影響することが観察されています。

抗がん剤や放射線療法などのがん治療による疲労感や倦怠感は最も広範な副作用と考えられていますが、その症状は炎症性サイトカインと関係していることが報告されています。例えば、疲労感のある乳がん生存者は疲労感のない生存者と比較して、炎症性サイトカインのTNF-αとIL-6が増加していました。また、炎症性サイトカインの産生にブレーキをかけるコルチゾールという物質に対する受容体の発現が減少していました。さらに治療後11年の精巣がん生存者では、疲労は高値のCRP(C反応性蛋白)と関連していたことが報告されています。 その一方で、治療の翌年に疲労の症状が改善した卵巣がん生存者は、血漿中のIL-6が減少しました。

運動の介入に関する臨床試験

運動の介入は乳房や大腸、前立腺、頭頸部、婦人科、造尿癌を含む様々ながんに対して、治療中や治療後の疲労の改善に関係していることが無作為化(ランダム化)比較試験で示されています。 治療中あるいは治療後の成人がん患者3694人を対象とした40件の無作為化比較試験と対照臨床試験では、筋肉トレーニング、ウォーキング、サイクリング、ヨガ、気功、太極拳を含む運動の介入は、対照患者と比べ疲労の軽減をはじめ、QOL(生活の質)や睡眠障害などの改善に効果があることが示されました。また、異なるがん種のがん生存者3254人を対象とした44件の無作為化対照試験でも運動介入後の疲労の減少を示しています。

さらに運動介入に参加したがん生存者は、心肺機能と筋力に大きな改善を示しており、日常生活活動を行うための労力をコントロールすることで、疲れにくくなることが示されています。自転車エルゴメーター(エアロバイク)で週3回、15週間のトレーニングを組み入れた閉経後乳がん生存者53人を対象とした無作為化比較試験でも、肺機能とQOLに改善があったことが確認され、特に小児患者を対象とした試験では、心肺機能と筋力の改善に有益な結果を示しました。

運動による疲労の軽減と炎症作用 との関係

このように運動療法は、がん患者やがんの生存者に対してQOLを向上させ、疲労を軽減するために様々なメカニズムを通じて作用する可能性が高いことが言えます。そのメカニズムの一つとして、炎症性サイトカインのレベルを減少が関係していると思われます。実際、閉経後乳癌の生存者53人を対象とした無作為化対照試験では、有酸素トレーニングの15週間後にCRPが減少したことを報告しています。また同じく閉経後乳癌の生存者75人を対象とした無作為化対照試験では、有酸素運動介入を行った患者は6ヶ月後にIL-6レベルが低下したこと。しかしながら、運動の介入によって疲労が軽減し、結果的に炎症性サイトカインレベルを減少させることについてはまだ報告が少ないため、さらに研究が必要です。

運動の目安とラジオ体操の効果

では実際どのくらい運動を取り入れたらよいでしょうか?例えば、一つの目安として国立がん研究センター「がん情報サービス」では、“有酸素運動を最大心拍数の60〜80%の強度を20~30分間、週3回~5回”と記されています。

最大心拍数はカルボーネン法という以下の式で求められます。

最大心拍数の求め方

最大心拍数=(220-年齢)-安静時心拍数

例えば40歳、安静時心拍数が60の場合、(220-40)-60=180なので最大心拍数は180になります。

また、最大心拍数の60〜80%が目標の心拍数となりますが、目標心拍数は以下の式で求められます。

目標心拍数の求め方

目標心拍数=((220-年齢)-安静時心拍数)×運動強度(%)+安静時心拍数

60〜80%の強度の場合は((220-40)-60)×0.6+60=132と、((220-40)-60)×0.8+60=156となり、132~156が目標心拍数になります。

つまり、40歳で安静時心拍数60の方は、有酸素運動を心拍数132~152の範囲で20~30分間、週3~5回行う、となります。

有酸素運動は、前述のようにウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリング、、エアロバイク、ラジオ体操、ヨガ、太極拳などが挙げられます。その中でもラジオ体操は第1、第2共に息が弾み汗をかく程度の運動強度があります。運動時間はおよそ3分間ですが、天気に左右されず家の中で毎日続けて行える運動の一つです。ラジオ体操の介入によるがん患者への影響に関しては、乳がんに関連したリンパ浮腫の患者22人に対してラジオ体操と呼吸法、リンパドレナージを含む10分間のセルフケアを6か月間続けたところ、リンパ浮腫に関連する症状が改善された、という報告がされています。


運動の実践のための関連アイテム <広告>

スポーツメーカーやスポーツ用品店の公式オンラインショップでウォーキングやストレッチ、ヨガなどの関連アイテムがご覧になれます。

プーマ公式オンラインサイト

プーマオンラインストア

ランニングシューズをはじめ、フィットネスウェアや、レディースのヨガアイテムが揃います。

Reebok ONLINE SHOP

リーボックが運営する公式オンラインショップでは、メニューの「スポーツ フィットネス」にウォーキングシューズやヨガウエアなどの商品が揃います。

ミズノショップ

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ジャンル別から性別、サイズ、カラー、値段で条件を絞りながらアイテムを検索できます。

スポーツデポ

スニーカーをはじめ40,000点以上のスポーツ用品が揃います。スポーツ用品店でしか取り扱いのない商品や自社限定商品も多数あります。

参考文献・ウェブサイト
  • がん情報サービス(国立がん研究センター)がんの療法とリハビリテーション6.化学療法・放射線治療とリハビリ
がんの療養とリハビリテーション:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]
  • 「健康づくりのための身体活動基準2013」及び「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」について
「健康づくりのための身体活動基準2013」及び「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」について |報道発表資料|厚生労働省
厚生労働省の報道発表資料について紹介しています。
  • Mechanisms linking physical activity with cancer. McTiernan A. Nat Rev Cancer. 2008 Mar;8(3):205-11.
  • Inflammatory biomarkers for persistent fatigue in breast cancer survivors. Collado-Hidalgo A, Bower JE, Ganz PA, Cole SW, Irwin MR. Clin Cancer Res. 2006 May 1;12(9):2759-66.
  • Fatigue and gene expression in human leukocytes: increased NF-κB and decreased glucocorticoid signaling in breast cancer survivors with persistent fatigue. Bower JE, Ganz PA, Irwin MR, Arevalo JM, Cole SW. Brain Behav Immun. 2011 Jan;25(1):147-50. 
  • Alterations of gene expression in blood cells associated with chronic fatigue in breast cancer survivors. Landmark-Høyvik H, Reinertsen KV, Loge JH, Fosså SD, Børresen-Dale AL, Dumeaux V. Pharmacogenomics J. 2009 Oct;9(5):333-40.
  • Cortisol and inflammatory processes in ovarian cancer patients following primary treatment: relationships with depression, fatigue, and disability. Schrepf A, Clevenger L, Christensen D, DeGeest K, Bender D, Ahmed A, Goodheart MJ, Dahmoush L, Penedo F, Lucci JA 3rd, Ganjei-Azar P, Mendez L, Markon K, Lubaroff DM, Thaker PH, Slavich GM, Sood AK, Lutgendorf SK. Brain Behav Immun. 2013 Mar;30 Suppl(0):S126-34.
  • Exercise interventions on health-related quality of life for cancer survivors. Mishra SI, Scherer RW, Geigle PM, Berlanstein DR, Topaloglu O, Gotay CC, Snyder C. Cochrane Database Syst Rev. 2012 Aug 15;(8)
  • Efficacy of exercise interventions in modulating cancer-related fatigue among adult cancer survivors: a meta-analysis. Brown JC, Huedo-Medina TB, Pescatello LS, Pescatello SM, Ferrer RA, Johnson BT. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2011 Jan;20(1):123-33.
  • Randomized controlled trial of exercise training in postmenopausal breast cancer survivors: cardiopulmonary and quality of life outcomes. Courneya KS, Mackey JR, Bell GJ, Jones LW, Field CJ, Fairey AS. J Clin Oncol. 2003 May 1;21(9):1660-8. 
  • Exercise in adult and pediatric hematological cancer survivors: an intervention review. Wolin KY, Ruiz JR, Tuchman H, Lucia A. Leukemia. 2010 Jun;24(6):1113-20.
  • Effect of exercise training on C-reactive protein in postmenopausal breast cancer survivors: a randomized controlled trial. Fairey AS, Courneya KS, Field CJ, Bell GJ, Jones LW, Martin BS, Mackey JR. Brain Behav Immun. 2005 Sep;19(5):381-8.
  • Effect of exercise on markers of inflammation in breast cancer survivors: the Yale exercise and survivorship study.Jones SB, Thomas GA, Hesselsweet SD, Alvarez-Reeves M, Yu H, Irwin ML.Cancer Prev Res (Phila). 2013 Feb;6(2):109-18.
  • A 10 Minute Self-Care Program May Reduce Breast Cancer-Related Lymphedema: A Six-Month Prospective Longitudinal Comparative Study. Arinaga Y, Sato F, Piller N, Kakamu T, Kikuchi K, Ohtake T, Sakuyama A, Yotsumoto F, Hori T, Sato N. Lymphology. 2016 Jun;49(2):93-106.
  • The 10-Min Holistic Self-Care for Patients with Breast Cancer-Related Lymphedema: Pilot Randomized Controlled Study. Arinaga Y, Piller N, Sato F, Ishida T, Ohtake T, Kikuchi K, Sato-Tadano A, Tada H, Miyashita M.Tohoku J Exp Med. 2019 Feb;247(2):139-147. 

みんなのコメント広場

あなたのセルフケア方法をお聞かせください。

あなたのセルフケア方法を共有しませんか? きっと、ほかのがん患者さんやご家族にとっても役立つヒントになることでしょう。以下のフォームにご記入いただくと、このページにあなたのセルフケア方法が紹介されます。

Q:あなたが心がけている運動方法についてお聞かせください。

※セルフケア方法に商品・サービスを利用された場合は、その商品名・サービス名と、ご利用した感想をお聞かせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
/* クリッカブル用コード */