がん患者さんのストレスに対処するためのマインドフルネス

がんの告知後は、何故自分はがんになってしまったのかと、これまでの食習慣や生活習慣から原因を探ったり、またこれからの治療費用や仕事を続けられるか等生活の変化について、さらには治療の副作用や再発について不安になったり、過去や未来のことを色々と考えてしまいがちです。このような思考と感覚は大切な療養生活の時間を多くとられてしまうばかりでなく、自らストレスを大きくし自分を追い込んでしまう要因にもなりかねません。そのようなストレスを対処するひとつの方法として、今に意識を向けた状態を維持する “マインドフルネス”があります。がん患者さんの治療に伴う精神的・身体的ストレスに対してマインドフルネスの介入の価値を支持する科学論文が2000年代から増えてきました。ここでは論文で報告されたがんに関連する各症状に対する効果と、実践手段などについて紹介します。


臨床分野でのマインドフルネス

マインドフルネスは仏教やヒンドゥー教などの瞑想の実践で、今そこにある瞬間に対し意識の焦点をあて、判断を伴わずに受容し続ける行為です。マインドフルネスは補完療法としての治療オプションです。そのためマインドフルネスのトレーニングプログラムは症状自体に焦点をあてるのではなく、症状に対処する能力を養うことを目的とします。

臨床分野へはJon Kabat-Zinnが宗教的概念はなく医学的見地から考案したマインドフルネスストレス低減法(MBSR)が慢性疼痛をはじめとする様々な臨床状態の患者に対し1970年代に最初に導入されました。マインドフルネスベースのプログラムはMBSRと認知療法を併用するMBCTがあります。MBSRは足のつま先から頭に向け身体の感覚を一つずつ感じ取っていくボディスキャン、静坐をしながら行う瞑想や、歩くことやヨガなど体を動かしながら行う瞑想などが構成要素として含まれます。MBCTはMBSRに認知療法を併用したもので、元々うつ病の改善を目的として開発されました。

がんに対する補完療法は感情のストレスをコントロールするためにリラクゼーション療法、バイオフィードバック、ヨガ、芸術療法、音楽療法、太極拳を含む運動などが取り入れられていますが、瞑想をベースとするマインドフルネスも、がんの補完療法として取り入られており、MBSRやMBCTだけではなく的確に適用するためにそれらのプログラムを変更することが推奨されています。

ヨガ、音楽療法の効果や実践方法について当サイトで紹介していますので、そちらもご覧ください。

マインドフルネスの介入によるがん患者への臨床効果

MBSRはマインドフルネスに関わるがん研究の中で最も使用されています。がん患者や生存者の不安やうつ、痛み、睡眠障害などに対し、マインドフルネスを実施した患者グループと実施しなかったグループに分けて調査した臨床試験がこれまで多く報告されています。以下に各症状についてまとめた臨床試験の一部を紹介します。

不安

前立腺がん患者43人を対象としたパイロットランダム化比較試験では、8週間のMBSRトレーニングプログラムを受けた24人はトレーニングを受けなかった対照群19人と比較して不安や不確実性の不耐性が大きく減少し、つらい経験から立ち直る心的外傷後成長(PTG)についても対照群と比べて有意に増加しました。

また、治療を完了した乳がん生存者の心理的、身体的ストレスに対するMBSRの効果について調べたランダム化比較試験では、6週間のトレーニングプログラムを実施した参加者155人はプログラム終了直後、通常のケア167人と比較して心理的(うつ病、不安、ストレス、再発の恐れ)と身体的症状(倦怠感と痛み)に大幅な改善が見られ、6週間後でもその効果は維持されていました。

効果の持続性に関しては、7件の臨床研究をまとめた分析では、マインドフルネスの介入を受けたがん患者469人は介入を受けなかった419人と比較し、介入後12週間以内までは効果的に緩和した一方で、12週間以上は改善が見られなかったことを報告しています。

生活の質(QOL)

女性乳がんと婦人科がんの生存者46人を対象とした20週間の瞑想的自己治癒プログラムの研究結果ではQOLを大幅に改善し、苦痛や障害に効果があることを示唆しました。

また、がん生存者のQOLを改善するための効果的な薬に依らない介入を特定するため、2017年5月まで21件のレビューをまとめた報告では、運動(ヨガ)認知行動療法とMBSRの両方がメリットを示しました。

痛み

乳がん治療後の129人の女性に対し、8週間のMBCTプログラムの介入による痛みの強さあるいは痛みの負担について、介入前、介入後、3か月後及び6か月後で評価したランダム化比較試験では、痛みの強さについて統計的に有意な差と継続的な効果を示しました。

倦怠感

中程度から重度の倦怠感のある乳がんと結腸直腸がん患者71人に対しMBSR介入(35人)と倦怠感の教育とサポート(36人)をランダムに振り分け、倦怠感の関連症状である認知機能を評価した試験では、8週間の介入後と6カ月後で大幅な改善が認められました。

悪液質

治療中に悪液質の症状を示したがん患者53人について、心理学者と栄養士による介入を交互に行うマインドフルネスに基づくワークショップに参加するグループと通常のサポートのグループにランダムに分けた試験では、ワークショップに参加したグループの体重増加に有意な差を示したことに加え、倦怠感や消化器疾患の緩和なども見られました。

睡眠障害

ステージ0~IIIの乳がん生存者79人に対しMBSRによる睡眠への効果を評価するため、6週間のMBSRプログラムあるいは通常ケアに分けたランダム化比較試験では、MBSRプログラムに登録した参加者は睡眠効率(睡眠時間の割合)や目覚める数に改善が見られました。

一方、同じ乳がん患者に対する睡眠への影響を調べた別のランダム化比較試験では、睡眠効率に有意な改善は見られなかったものの、睡眠の質に関しては大幅な改善が認められました。

MBSRが不眠症に対する治療のための認知行動療法に劣らないことが不眠症の症状のあるがん患者を対象にした試験で報告されています。

マインドフルネスの免疫系への効果

がん患者へのマインドフルネスの介入は主に炎症性サイトカインの産生などの免疫機能にも影響を及ぼすことが報告されています。炎症性サイトカインは体内で炎症が発生すると免疫機能を高めるために働く重要な因子ですが、長く存在し続けると慢性疾患など身体機能の低下を引き起こします。

MBSRによる炎症性サイトカイン産生の変化に焦点をあてた1980年から2016年9月までの13件を解析した報告では、MBSR の介入を受けたがん患者グループの炎症性サイトカインの1つであるIL-6レベルは非介入のグループに比べ減少していたことを示しています。

乳がん患者49人と前立腺がん患者10人に対する別の試験では、MBSR介入により炎症性サイトカインの年間を通じた減少を支持していました。50歳前の早期乳がん患者71人を対象とした別の試験でもマインドフルネス介入3か月後の評価で、苦痛や侵入的思考、再発の恐れの軽減、睡眠障害やほてり/寝汗の改善の他、IL-6 レベルの減少が見られました。

化学療法を受けなかった早期乳がん患者はサイトカインIL-4、IL-6、IL-10の産生と血漿コルチゾールレベルの上昇に伴う末梢血中のNK細胞の活性とIFN-γ産生の低下がMBSRを介した患者群は時間とともに徐々に回復することを示しました。

また、乳がん治療を完了した患者166人をMBSR介入と非介入に分けたランダム化比較試験では、MBSR介入患者はうつ病、苦痛、症状の負担、メンタルヘルスの大幅な改善や心的外傷後成長の促進に加え、NK細胞の増加を示しました。

マインドフルネスの神経系への効果

マインドフルネスは神経に作用する物質の産生に影響を及ぼすことも分かってきました。神経系に関連する物質の一つとしてコルチゾールが挙げられます。コルチゾールはストレスに関わる主要なホルモンです。コルチゾールは唾液中にも存在し、その分泌量は1日のうち朝が最も多く、昼から夕方、夜にかけて徐々に少なくなります。長期間ストレスがかかる状態になると、その勾配は平らに変化します。ストレスに抵抗している状態では一日中高いレベルで維持されますが、さらに強いストレスを受けたり、感染症などになると一転低いレベルのままになります。

このような日中の唾液中コルチゾール分泌パターンについて、マインドフルネス介入による影響を調べたステージI~IIIの乳がん患者271人に対するランダム化比較試験では、マインドフルネス介入のグループは唾液中にあるコルチゾールの勾配を維持していた一方で、非介入のグループは勾配が見られず平らのままでした。

また、直腸結腸がん患者57人を対象とした化学療法中のマインドフルネス介入の効果を調べた試験では、マインドフルネス介入グループの唾液中コルチゾールレベルは非介入のグループの約2倍を示しました。これはがん患者に一般的にみられるコルチゾール分泌の鈍化を減らすことができることを示唆しています。

唾液中にはコルチゾールの他にも落ち着きや幸福感などに関連のある神経ペプチドホルモンのオキシトシンも存在します。自己申告で睡眠障害のあるがん生存者30人を対象にマインドフルネスの効果を評価した探索的研究では、マインドフルネス(マインドボディブリッジング)介入グループの唾液中オキシトシンレベルは睡眠衛生教育グループに比べ有意に大きく、睡眠障害についても大幅な減少が観察されました。

マインドフルネスの実践方法

このようにがん治療中や治療後のマインドフルネスの介入は不安やうつ症状の軽減、睡眠障害の改善など補完療法としての有効性が示唆された一方で、一部のレビューではサンプルサイズが小さい、短期間の追跡調査、試験間にばらつきがあるなど臨床的有効性を結論付けるにはさらなる実証試験が必要との見解があります。

マインドフルネスは症状自体に焦点をあてたものではなく、対処するための方法の一つであることから、それらを理解したうえで実践すべきものと考えられます。また、動きのある瞑想など一部のマインドフルネスには治療に伴う体調の変化や術後の可動域の変化により実践が困難な場合もありますので、担当医や医療従事者と事前に相談することが良いでしょう。

多くの臨床試験で採用されていたMBSRは8週間のトレーニングプログラムを実践します。オンラインの実践では東京マインドフルセンター、MBSR研究会、インターナショナルマインドフルネスセンター、マインドフルCARE®が主催するプログラムに参加する方法が挙げられます。いずれも講師資格のある指導者から指導を受けながらプログラムを進めることができます。詳しくは各施設のホームページをご覧ください。

  • 東京マインドフルセンター
東京マインドフルネスセンター | マインドフルネスでストレスを低減する
マインドフルネスでストレスを低減する
  • MBSR研究会
マインドフルネスストレス低減法|MBSR研究会
MBSR研究会(事務局:関西医大心療内科学講座)主催、マサチューセッツ大学マインドフルネスセンター公認講師のプログラム。
  • インターナショナルマインドフルネスセンター
マインドフルネスストレス低減法(MBSR)&マインドフルネス認知療法(MBCT)のオンライン&講師養成
マインドフルネスストレス低減法(MBSR)、マインドフルネス認知療法(MBCT)、マインドフルネスコンパッション(MBCL)等のオンライン8週間コース、講師養成プログラムを提供しています。
  • マインドフルCARE®
Mindful CARE and Quality Assurance with Sanae Kishimoto
Mindfulness, Compassion, Self-Compassion, Clinical quality assurance for patient family centered team care

MBSRの詳細についてはJon Kabat-Zinn著による以下の書籍が出版されていますので、ご参考にしてください。

また、日本におけるマインドフルネスの第一人者で、NHKスペシャル等で実践方法を紹介されていた熊野宏昭博士著の書籍では、MBSRプログラム中の静坐瞑想(集中瞑想と観察瞑想)の開設と実践方法が紹介されています。


参考文献・ウェブサイト
  • Mindfulness-Based Movement: A Polyvagal Perspective. Lucas AR, Klepin HD, Porges SW, Rejeski WJ.Integr Cancer Ther. 2018 Mar;17(1):5-15.
  • Evidence for the Role of Mindfulness in Cancer: Benefits and Techniques. Mehta R, Sharma K, Potters L, Wernicke AG, Parashar B.Cureus. 2019 May 9;11(5):e4629.
  • Mindfulness in medicine. Ludwig DS, Kabat-Zinn J JAMA. 2008 Sep 17; 300(11):1350-2.
  • Mindfulness Training for Chronic Non-malignant Pain Management: A Review of the Clinical Effectiveness, Cost-effectiveness and Guidelines. Lachance CC, McCormack S. Ottawa (ON): Canadian Agency for Drugs and Technologies in Health; 2019 Jun 25.
  • Mindfulness-based stress reduction and health benefits. A meta-analysis. Grossman P, Niemann L, Schmidt S, Walach HJ Psychosom Res. 2004 Jul; 57(1):35-43.
  • Mindfulness Training and Yoga for the Management of Chronic Non-malignant Pain: A Review of Clinical Effectiveness and Cost-effectiveness. Lachance CC, McCormack S. Ottawa (ON): Canadian Agency for Drugs and Technologies in Health; 2019 Sep 20.
  • Mind-body therapies in integrative oncology. Elkins G, Fisher W, Johnson A. Curr Treat Options Oncol. 2010;11:128-140.
  • Care After Chemotherapy: Peripheral Neuropathy, Cannabis for Symptom Control, and Mindfulness. Teoh D, Smith TJ, Song M, Spirtos NM.Am Soc Clin Oncol Educ Book. 2018 May 23;38:469-479.
  • Feasibility, acceptability and preliminary psychological benefits of mindfulness meditation training in a sample of men diagnosed with prostate cancer on active surveillance: results from a randomized controlled pilot trial. Victorson D, Hankin V, Burns J, Weiland R, Maletich C, Sufrin N, Schuette S, Gutierrez B, Brendler CPsychooncology. 2017 Aug; 26(8):1155-1163.
  • Examination of broad symptom improvement resulting from mindfulness-based stress reduction in breast cancer survivors: a randomized controlled trial. Lengacher CA, Reich RR, Paterson CL, Ramesar S, Park JY, Alinat C, Johnson-Mallard V, Moscoso M, Budhrani-Shani P, Miladinovic B, Jacobsen PB, Cox CE, Goodman M, Kip KE. J Clin Oncol. 2016;34:2827-2834.
  • Effectiveness of Mindfulness-based Therapy for Reducing Anxiety and Depression in Patients With Cancer: A Meta-analysis. Zhang MF, Wen YS, Liu WY, Peng LF, Wu XD, Liu QW.Medicine (Baltimore). 2015 Nov;94(45):e0897-0.
  • The effect of a contemplative self-healing program on quality of life in women with breast and gynecologic cancers. Loizzo JJ, Peterson JC, Charlson ME, Wolf EJ, Altemus M, Briggs WM, Vahdat LT, Caputo TA. Altern Ther Health Med. 2010;16:30-37. 
  • Review of systematic reviews of non-pharmacological interventions to improve quality of life in cancer survivors.Duncan M, Moschopoulou E, Herrington E, Deane J, Roylance R, Jones L, Bourke L, Morgan A, Chalder T, Thaha MA, Taylor SC, Korszun A, White PD, Bhui K; SURECAN Investigators.BMJ Open. 2017 Nov 28;7(11):e015860.
  • Efficacy of Mindfulness-Based Cognitive Therapy on Late Post-Treatment Pain in Women Treated for Primary Breast Cancer: A Randomized Controlled Trial. Johannsen M, O’Connor M, O’Toole MS, Jensen AB, Højris I, Zachariae RJ Clin Oncol. 2016 Oct 1; 34(28):3390-9.
  • Randomized controlled pilot trial of mindfulness-based stress reduction for breast and colorectal cancer survivors: effects on cancer-related cognitive impairment. Johns SA, Von Ah D, Brown LF, Beck-Coon K, Talib TL, Alyea JM, Monahan PO, Tong Y, Wilhelm L, Giesler RBJ Cancer Surviv. 2016 Jun; 10(3):437-48.
  • Dietetic and Psychological Mindfulness Workshops for the Management of Cachectic Cancer Patients. A Randomized Study. Focan C, Houbiers G, Gilles L, Van Steeland T, Georges N, Maniglia A, Lobelle JP, Baro V, Graas MP Anticancer Res. 2015 Nov; 35(11):6311-5.
  • The effects of mindfulness-based stress reduction on objective and subjective sleep parameters in women with breast cancer: a randomized controlled trial. Lengacher CA, Reich RR, Paterson CL, Jim HS, Ramesar S, Alinat CB, Budhrani PH, Farias JR, Shelton MM, Moscoso MS, Park JY, Kip KE Psychooncology. 2015 Apr; 24(4):424-32.
  • The efficacy of mindfulness-based stress reduction in the treatment of sleep disturbance in women with breast cancer: an exploratory study. Shapiro SL, Bootzin RR, Figueredo AJ, Lopez AM, Schwartz GEJ Psychosom Res. 2003 Jan; 54(1):85-91.
  • Mindfulness-based stress reduction compared with cognitive behavioral therapy for the treatment of insomnia comorbid with cancer: a randomized, partially blinded, noninferiority trial. Garland SN, Carlson LE, Stephens AJ, Antle MC, Samuels C, Campbell TSJ Clin Oncol. 2014 Feb 10; 32(5):449-57.
  • Effects of mindfulness-based interventions on biomarkers in healthy and cancer populations: a systematic review. Sanada K, Alda Díez M, Salas Valero M, Pérez-Yus MC, Demarzo MM, Montero-Marín J, García-Toro M, García-Campayo J.BMC Complement Altern Med. 2017 Feb 23;17(1):125. 
  • One year pre-post intervention follow-up of psychological, immune, endocrine and blood pressure outcomes of mindfulness-based stress reduction (MBSR) in breast and prostate cancer outpatients. Linda E Carlson, Michael Speca, Peter Faris, Kamala D Patel Brain Behav Immun. 2007;21:1038-1049.
  • Mindfulness meditation for younger breast cancer survivors: a randomized controlled trial. Bower JE, Crosswell AD, Stanton AL, Crespi CM, Winston D, Arevalo J, Ma J, Cole SW, Ganz PACancer. 2015 Apr 15; 121(8):1231-40.
  • Mindfulness and its efficacy for psychological and biological responses in women with breast cancer. Kenne Sarenmalm E, Mårtensson LB, Andersson BA, Karlsson P, Bergh ICancer Med. 2017 May; 6(5):1108-1122.
  • Randomized controlled trial of Mindfulness-based cancer recovery versus supportive expressive group therapy for distressed survivors of breast cancer. Carlson LE, Doll R, Stephen J, Faris P, Tamagawa R, Drysdale E, Speca M J Clin Oncol. 2013 Sep 1; 31(25):3119-26.
  • Mindfulness practice reduces cortisol blunting during chemotherapy: A randomized controlled study of colorectal cancer patients. Black DS, Peng C, Sleight AG, Nguyen N, Lenz HJ, Figueiredo JC Cancer. 2017 Aug 15; 123(16):3088-3096.
  • An Exploratory Study of the Effects of Mind-Body Interventions Targeting Sleep on Salivary Oxytocin Levels in Cancer Survivors. Lipschitz DL, Kuhn R, Kinney AY, Grewen K, Donaldson GW, Nakamura Y Integr Cancer Ther. 2015 Jul; 14(4):366-80.
  • がんの補完代替療法クリニカル・エビデンス2016年版(日本緩和医療学会)https://www.jspm.ne.jp/guidelines/cam/2016/pdf/cam01.pdf
  • がん患者へのマインドフルネスに基づく介入研究の動向と 本邦の臨床現場への導入について 新牧恭太 津田彰 久留米大学心理学研究 第19号 2020
  • マインドフルネスストレス低減法 ジョン・カバットジン (著), Jon Kabat‐Zinn (著, 原著), 春木 豊 (翻訳), 菅村 玄二 (翻訳) (北大路書房)
  • 4枚組のCDで実践する マインドフルネス瞑想ガイド ジョン・カバットジン (著), Jon Kabat‐Zinn (著, 原著), 春木 豊 (翻訳)(北大路書房)
  • 実践!マインドフルネスDVD 体験に気づき、反応を止め、パターンから抜け出す理論と実践 熊野宏昭著(サンガ)
  • 実践! マインドフルネス 今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン 熊野宏昭著(サンガ)

タイトルとURLをコピーしました
/* クリッカブル用コード */