老齢年金の繰り上げ支給

7月27日は「世界頭頸部がんの日」
7月27日は世界頭頸部癌学会(IFHNOS)が定める「世界頭頸部がんの日」です。世界各国では、この日に様々なシンポジウムやイベントが行われています。国内では、特定NPO法人頭頚部がん患者友の会が「つながり」をテーマに医療従事者や関係団体、患者会のメンバーが一堂に会したオンライン患者会を行います。

老齢年金の支給は原則65歳からですが、最大で60歳まで年齢を繰り上げて受け取ることができます。繰り上げをすると、65歳から受け取る額と比べて月単位で0.5%ずつ減ることになりますが、逆に長く年金を受け取れる場合は、繰り上げたことで得をすることになります。

また、繰り上げ支給を受けた後に、初診日(がんや病気、ケガで医療機関に初めてかかった日)があると障害年金(内部リンク)が受け取れない場合があります。


相談・申込窓口

  •  全国市区町村の国民年金窓口

お住まいの国民年金窓口は、日本年金機構ホームページ(外部リンク)内の「全国の相談・手続き窓口」で検索できます。


参考文献・ウェブサイト
  • 日本年金機構 老齢基礎年金の繰り上げ受給
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kuriage-kurisage/20150313.html
  • がん情報サービス(国立がん研究センター) 生活費等の助成や給付など
生活費等の助成や給付など:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]
タイトルとURLをコピーしました
/* クリッカブル用コード */