特集 大事な血管を守ろう CVポートって何?

化学療法剤を点滴投与するとき、血管が細くて入りにくい、漏れやすいなどつらい思いをされる方もいらしゃいます。繰り返す点滴治療で血管も硬くなり、変色して皮膚とともに引き連れて、腕を伸ばしにくくなったり、痛みが出たりつらい思いをさせることも多くなります。 医療機器のCVポートは、そのような問題を解決する一つの有効な方法として普及し、近年その造設件数は増加傾向にあります。ここでは、CVポートに関する情報について科学論文を含め、株式会社メディコン様のご協力によりまとめたものを特集記事として紹介します。

【監修:湘南記念病院 乳がんセンター長 土井卓子 】

CVポートとは

正式名称

皮下埋め込み型器具(ポート)

(英語名;Central Venous catheter with Ports)

目的

CVポートは抗がん薬投与や経静脈栄養補給等の輸液経路を確保することを目的とします。

乳がん治療の中には長期間にわたる化学療法が必要となる場合があり、頻回な末梢静脈穿刺が必要となります。特に血管の細いあるいは脆い患者さん、高齢の患者さんや腕のむくみが強い患者さんの場合は静脈経路の確保が難しくなる場合があります。1)

CVポートは抗がん薬による血管への影響を軽減することができます

治療にはがん治療に細胞を壊死させる抗がん薬のドセタキセル(タキソテール)、パクリタキセル(タキソール)や、炎症性の抗がん薬のシスプラチン、カルボプラチン(パラプラチン)あるいは5-FU などを使用する場合があります。)シスプラチン、5-FUは静脈炎を生じやすく、ドキソルビシンなどは血管痛が強い場合が多く、ポートを使用することで何回でも、苦痛なく薬剤を入れていくことができます。

メリット・デメリット

メリット3)4)5)

  • 穿刺可能な面積が広いため、血管の確保が確実
  • 血管痛、静脈炎、薬液の血管外漏出のリスクが低い
  • 体外に開放する部位がなく感染リスクが低い
  • 薬液投与中も安静を保つ必要がない
  • 自宅でも点滴を受けることができる
  • 日常生活に制限はなく、QOLの低下を防ぐことができる
  • 長期間の使用が可能

デメリット

  • 外科的処理が必要
  • 留置に伴う感染症などの合併症や破損などの不具合のリスクがある
  • 体内に異物を埋め込むことに対する不安
  • 専用の穿刺針に費用がかかる(約300~1,000円/個)

構成

皮下に埋め込まれる円盤状のポート本体に血管内に留置するカテーテルが接続されています。6)ポート本体の上部には、専用針(ヒューバー針)の穿刺をし易くするための円形のセプタムがあります。

大きさ・長さ

ポート本体22.6㎜x 28.2㎜(100円硬貨程度)、高さ(セプタム~底面)11.2㎜
セプタム直径11.2㎜
カテーテルグローションカテーテルタイプ:
長さ50㎝(外径8.0 Fr (2.7㎜)、内径1.5㎜)
クロノフレックスカテーテルタイプ:
長さ76cm(外径6.0Fr(2.0mm)、内径1.3mm

例;BARD X-ポートisp(メディコン社製)参照

素材

ポート本体ポリアセタール、シリコーンゴム、チタン合金
セプタムシリコーンゴム
カテーテルロックポリカーボネート
カテーテル(チューブ)シリコーンゴム(グローションカテーテルタイプ)、
ポリウレタン(クロノフレックスタイプ;オープンエンド)

例;BARD X-ポートisp(メディコン社製)参照

種類

ポート本体の形状は主に円形や楕円形、三角形で、大きさは2~3㎝程度です。

カテーテルは、グローションタイプ(カテーテルの先端が閉じていて側孔(スリット)がある)とオープンエンドタイプ(カテーテルの先端が開いている)、一方弁タイプ(逆流防止弁がついている)の3種類があります。 造設されるCVポートは患者さんの体格や埋め込み位置に応じて、これらの組み合わせから選択されます。

留置期間

治療スケジュールに依存します。抗がん薬投与期間のみ留置し、数か月で抜去のケースから長い例では5年以上留置されている場合もあります。

耐久性

穿刺の回数に依ります。11)

  • 22 G のノンコアリングニードル 約 2,000 回
  • 19 G のノンコアリングニードル 約 1,200 回

※ノンコアリングニードル:ポート本体のセプタムへ穿刺した際にシリコーンゴムからの切り屑が発生しにくい針。ヒューバー針の一部で鷹の爪のような形状をしています。

(例;BARD X-ポートisp(メディコン社製)参照)

適応

化学療法を目的とする患者さんや、栄養失調や嚥下障害等栄養管理を目的とする患者さん。

化学療法を目的とする患者さんの中で、特に以下の患者さんが適応になります。

  • 静脈経路の確保が難しい
  • 薬剤投与が長期間
  • 薬剤が漏出する
  • 静脈炎等血管に影響が出る薬剤を投与する

事例として大腸がんに対する化学療法では、自宅等での投与を必要とする抗がん薬(FOLFOX,5-FU+l-LV)は,CVポートの造設が必要とされているなど8)、既に治療方法の一部として組み込まれているものもあります。また、 90歳以上の超高齢者に対するポート留置術例が報告されています。12)13)

留置術

概略

針を刺す部位を消毒し、局所麻酔後、カテーテルを静脈の中へ挿入します。カテーテル先端を心臓近くまで進め、X線撮影で先端位置を確認した後、反対のカテーテル先端をポート本体へ接続し、ポート本体を皮膚の下へ埋設します。 詳細については添付文書、化学療法サポート|CVポート、ピック (chemo-support.jp) (株式会社メディコン)をご参照ください。

手術時間

手術にかかる時間は25分~29分程度です。10)12) 血管の太さなどにより時間がかかる場合がありますが、その場合でも1時間程度です。術後安定するまで1泊2日の入院をする場合もありますが、局所麻酔による手術のため、日帰りも可能です。

手術費用

CVポート留置術は保険適用です。3割負担の場合、約50,000円です(入院費用別途)。14)

針を刺す部位(ポート本体留置部位)

主に前胸部と上腕・前腕部から選択されます。6)15)

カテーテルの血管挿入部位

腋窩静脈から鎖骨下静脈(鎖骨のすぐ下),内頸静脈(頸の横),末梢静脈(上腕静脈,尺側 皮静脈,橈側皮静脈)などから選択されます。6)

ポート留置部位、カテーテル挿入部位は、例えば、鎖骨下静脈や上腕静脈は長期間の合併症の頻度が低い、内頸静脈は穿刺がし易くピンチオフの可能性がない等、それぞれの特徴が異なるため、患者さんの状態や使用目的を考慮して、患者さんにとって最も適切な部位を選択します。4)

Shionoらが実施したCVポート造設に関するアンケート調査では、前胸部は全11,693例中10,422例(89%)でした。そのうち鎖骨下静脈は8,097例、内頸静脈が2,325例という結果でした。16)

鎖骨下静脈

長所

  • アプローチが簡便で穿刺しやすい。17)

短所

  • 血気胸や動脈誤刺などの術中合併症、ピンチオフ、ピンチオフに伴うカテーテル断線逸脱の危険性がある。17)

内頸静脈

長所

  • 皮膚面から中心静脈までの穿刺距離が短く,アプローチが比較的簡便なため患者の体型や血管径など解剖学的な条件による障害を受けにくい。16)17)
  • 静脈への穿刺がエコー画像で確認できるため穿刺がしやすい。16)
  • ピンチオフやカテーテルの屈曲を起こしにくい。16)

短所

  • 鎖骨下静脈と比べてカテーテルの膨らみが外見上目立ちやすくなる。16)

上腕部

長所

  • 皮下組織が豊富なためポートの安定性が高い。17)
  • 埋設部分が目立たないことから美容上好まれる。17)
  • 上腕部は前胸部と比較して皮膚表面温度が低く皮膚細菌が少ないことからカテーテル関連血流感染症が少ない。2)

短所

  • カテーテルが長いため、深部静脈炎、滴下不良、血栓症、肘関節部でのカテーテル断裂・破損が報告されている。

使用方法・管理・終了

病院の外来で行う以外にも自宅で介護者やご自身で薬剤の投与を行う場合があります。その場合は、事前に看護師等による感染予防のため消毒などの指導を受け、清潔状態を確保した上で、投与の手順を進めます。

使用方法 

概略

生理食塩液を満たしたヒューバー針をポート本体のセプタム部分へ直角に穿刺します。血液の逆流をポート内の液体を吸引できるかを確認した後、薬剤を投与します。輸液後は生理食塩液でカテーテル内に残った薬剤を洗浄後、ヒューバー針を抜針します。

詳細については添付文書、化学療法サポート|CVポート、ピック (chemo-support.jp) (株式会社メディコン)をご覧ください。

使わない時の管理

カテーテルロック

血液がカテーテルの中へ逆流することや凝固することを防止するため、生理食塩液あるいはヘパリン(抗血液凝固剤)入り生理食塩液をカテーテル内に充填させます(カテーテルロック)。ヘパリンの有無はカテーテルの材質に依ります。

フラッシュ

定期的にカテーテルを洗浄(フラッシュ)します。フラッシュの間隔は4週間に1回行います。グローションカテーテルタイプは90日間に1回行います。自宅で実施することができます。

終了時

留置術と同じく病院で局所麻酔後に皮膚切開を行ってカテーテルを抜去します。手術時間は10分~20分程度です。手術費用は保険適用で約4,000円です。

合併症

CVポート留置に伴う合併症や不具合には留置術中・術後と長期的なものがあります。患者さんが気を付けたい主な長期的合併症・不具合には、感染症や血栓症、閉塞、位置異常、ピンチオフがあります。頻度について1998年~2019年1,000例以上の欧米文献報告をまとめた論文18)では、全合併症率 6.8~19.8 %,ポート感染 2.1~13%,静脈血栓症 0.8~2.5%,ポート閉塞・破損など 0.4 ~6.8%,カテーテル位置異常 0.2~1.8%,ピンチオフ0.06~0.2%であることが示されています。他の合併症・不具合についてはCVポートの添付文書に記載されています。

以下に示す対処法は一例ですので、使用期間中に症状や不具合が少しでも現れたら、すぐに担当医や医療機関に相談しましょう。

感染症

原因

ポート本体の刺入部やカテーテルと血管の接続部からの細菌の侵入、輸液の汚染、抗がん薬治療の伴う白血球(好中球)減少、血栓(血のかたまり)形成などが要因として挙げられています。4)8)12)19)

症状

38度以上の発熱や挿入部位の強い発赤、排膿、点滴時に悪化する感染症状を認めた場合4)12)20)

対処法

感染の症状が疑われた場合、病院で直ちにカテーテルを抜去することが重要です。採取した血液の培養により原因菌を特定した後、抗生剤の投与が考慮されます。4)10)19)

血栓症

原因

血管内への異物留置により血栓形成が発生することが知られていますが、CVポートの場合、カテーテルのアクセス経路(鎖骨下静脈、内頸静脈、末梢静脈)によってもリスクが異なります。21)また血栓形成は感染症との相関関係が強く、静脈炎・静脈閉塞、肺塞栓を引き起こす要因になります。大腸がんに対する化学療法のCVポート使用では、女性の血栓形成が統計的に有意な関連を認めています。18)

症状

薬液の注入不良や頸部の鈍痛、末梢部位の腫脹、発熱、発赤など感染症の症状、疼痛4)9)

対処法

病院で血栓形成が認められた場合にはカテーテルを抜去し、必要に応じて抗凝固法や血栓溶解療法を行います4)

閉塞

原因

カテーテル内壁にフィブリンが刀の鞘のような形が形成されるフィブリンシースや、カテーテル内で血液が逆流したことによる血栓の形成、カテーテルの屈曲などが挙げられます。22)

兆候

薬液の注入不良、吸引ができないなどの現象がある場合

対処法

病院で抗凝固剤によるポート洗浄を行います。閉塞の度合いが軽い場合は、生理食塩水やヘパリン剤で処置することで再開通するときもあります。

位置異常

原因

長期間留置することによりカテーテルの先端の位置が変わる、反転する、あるいは奥に入るなどがあります。10)

兆候

薬液を注入する際、抵抗を感じる場合

対処法

病院でCVポートを入れ替えます。

ピンチオフ

原因

鎖骨と第一肋骨の間でカテーテルが挟み込まれることによってカテーテルが破損します。7)8)16)破損したカテーテルが回収できないと血栓形成や不整脈、感染などを引き起こす原因にもなります。

兆候

薬液を注入する際、抵抗を感じる場合、輸液の際に体位の変更が必要な場合、また胸痛や動悸などの症状が認められた場合も注意が必要です。8)10)

対処法

病院で破損したカテーテルを取り除き、入れ替えます。

療養生活

基本的に療養生活を送る上で制限はありませんが、関連した合併症や不具合を早期に発見するため、日常生活での体調などの状態をモニタリングすることが重要です。

入浴

留置術を行った翌日からシャワーが可能です。抜糸後は湯船につかれます。薬剤の投与を行った日は抜針部の皮膚に異常がなければ湯船につかることができます。ただし、前述のように感染症に関わる発熱や発赤、腫れ、痛みなど、体調や皮膚の状態に変化がある場合は担当医に相談しましょう。

運動

通常の運動を行うことは可能です。ただし、カテーテルに負荷がかかると位置異常やピンチオフなど不具合の原因になり得ることから、例えば上肢を使う水泳やテニス、筋力トレーニングなど、CVポートを留置した位置によって影響が想定される運動を行う場合は、事前に担当医に相談しましょう。

外出

車での移動

CVポートの留置箇所が右前胸部の場合、シートベルトにあたり痛みが出るかもしれません。その場合はシートベルトとの間にタオルなどクッションになるものを挟んで直接あたらないようにするとよいでしょう。留置場所が上腕・前腕部では影響はありません。

飛行機の搭乗

CVポートには微量のチタン合金が使われている部分がありますが、空港での保安検査の際に金属探知機が反応する程度ではありません。万が一、反応することに備えて「患者カード」を携帯しておくこともよいでしょう。

服装

CVポートは皮下に埋め込まれていて目立ちにくいため、日常生活においてCVポートのための服装を新たに用意する必要はありません。抗がん薬を投与する時は、留置箇所に応じて穿刺がしやすい、また抗がん薬自体による影響を考慮して、体を締め付けない服装が良いでしょう。22)

マッサージ・リハビリ

マッサージ、リハビリ共に行うことができます。ただし、穿刺部位の皮膚への摩擦やカテーテルの位置異常やピンチオフなどの不具合を誘発する恐れがある動作については、注意が必要ですので、事前に担当医・医療従事者に相談しましょう。

ペースメーカー

CVポートとペースメーカーとの併用は可能です。

冊子「ポート」という選択で、自分らしい生き方を

CVポートに関する冊子”「ポート」という選択で、自分らしい生き方を”(株式会社メディコン)がダウンロードできます。冊子にはCVポートを選択された方のメッセージが掲載されています。

「ポート」という選択で、自分らしい生き方を(PDF形式)

参考文献・ウェブサイト
  1. 進行再発乳癌患者に対する造影剤急速注入可能ポートの使用経験 山田博文、黒田徹、松本力雄、桂田純二郎 日臨外会誌 75(1),1―5,2014
  2. 頭頸部癌外来化学療法における上腕ポートと末梢挿入型中心静脈カテーテルの比較 正道隆介、山崎恵介、植木雄志、岡部隆一、松山洋、本田耕平 堀井新頭頚部外科 29(2):123-128、2019
  3. 完全埋め込み型中心静脈ポート使用高齢者担がん患者における血流感染症 青田泰雄、奥田優子、渡辺翼、藤原圭太郎、中村造、横山智央、後藤明彦、櫻井道雄 日老医誌 2017;54:50―55 
  4. 中心静脈穿刺手技と中心静脈(CV)ポート留置の実際 鶴﨑正勝 近畿大医誌(Med J Kindai Univ)第42巻1,2号 55~63 2017
  5. CVポートの留置術を受ける患者様へ 関西医科大学附属病院 血管造影室
  6. 皮下埋没型中心静脈ポートのカテーテル筋間断裂について 板倉弘明、山田晃正、古 妻康之、松山仁、遠藤俊治、池永雅一 日臨外会誌 81(8),1445―1451,2020 
  7. 皮下埋め込み式中心静脈カテーテルポートの安全性に関する検討 高須直樹,手塚康二,柴田健一,小野寺雄二,蘆野光樹,佐藤多未笑,福元剛, 山岸岳人,菅原秀一郎,矢野充泰,鈴木明彦,平井一郎,木村理 山形医学 (ISSN0288-030X)2016;3(24):72-76
  8. 癌治療における皮下埋め込み型中心静脈カテーテル用ポート留置症例の検討 石井要 日本外科系連合学会誌2012 年 37 巻 5 号 p. 896-901
  9. 悪性腫瘍患者における皮下埋め込み型 中心静脈ポート(CVポート)管理-消毒剤種類による関連感染症への影響調査- 佐藤淳也,熊谷真澄,加藤健一,赤羽明生,鈴木美知子,柏葉匡寛他 癌と化学療法41(8): 981-985 2014
  10. 中心静脈リザーバー留置の有用性に関する検討 西江学、岩川和秀、岩垣博巳 日外科系連会誌 37(5):891–895,2012
  11. 添付文書 BARD X-ポートisp 2016年8月改訂第3版 株式会社メディコン
  12. 皮下埋没型中心静脈カテーテル留置術のアプローチ方法 良田大典、松島英之、中 村有佑、佐藤元彦、小松優治、權雅憲 日臨外会誌 77(9),2138―2142,2016
  13. 当科における90 歳以上超高齢者手術症例の検討 小俣二郎、宇都宮勝之、吉田一路、山岸陽二、福村麻希子、菊家健太、河内隆幸、坂本直子、木村暁史、小川智道、小川均、菅澤英一、村山道典 外科と代謝・栄養51巻5号 2017年10月 293-302
  14. 化学療法サポート 株式会社メディコン 化学療法サポート|CVポート、ピック (chemo-support.jp)
  15. 進行再発乳癌患者に対する造影剤急速注入可能ポートの使用経験 山田博文、黒田徹、松本力雄、桂田 純二郎 日臨外会誌 75(1),1―5,2014
  16. 中心静脈ポート造設時のリアルタイムエコーガイド下内頸静脈穿刺の有用性 大渓隆弘、渡邊直純、井上真、大渓彩香、林達彦 日臨外会誌 81(5),845―849,2020
  17. 上肢ポート留置術―透過における主義と合併症についてー 西條聡、松塚崇、鈴木政博、池田雅一、仲江川雄太、大森孝一 頭頚部外科 24(3):335-339、2014
  18. 大腸癌化学療法における埋め込み型中心静脈ポート関連静脈血栓症の検討 上原拓明、亀山仁史、岩谷昭、山崎俊幸 日本大腸肛門病会誌日本大腸肛門病会誌 74:1-5,2021
  19. 中心静脈リザーバー留置の有用性に関する検討 小久保健太郎、関野誠史郎、阪本 研一 日外科系連会誌 35(6):863 – 867, 2010
  20. 中心静脈リザーバー留置の有用性に関する検討 西江学、岩川和秀、岩垣博巳 日外科系連会誌 37(5):896–901,2012
  21. カットダウン法による橈側皮静脈への皮下埋め込み式中心静脈カテーテル留置 松延智哉、前川啓、福島俊、河野勤、鬼塚俊宏、今村寿宏、畑中均、加治浩三、神宮司誠也、岩本幸英 整形外科と災害外科 68(2)190-193 2019
  22. 大腸がん患者における埋め込み式中心静脈カテーテル閉塞のリスク因子解析 西森 久和, 高下典子, 西本仁美, 露無祐子, 松島幸枝, 久山めぐみ, 福武恵, 井上佳子, 藤田百惠, 平田泰三, 堀田勝幸, 田端雅弘 Palliative Care Research 8 巻 (2013) 1 号 135-41
  23. がんインフォナビ 日本化薬
  24. 中心静脈カテーテルポート増設を受けられる方へ パンフレット 四国がんセンター
タイトルとURLをコピーしました
/* クリッカブル用コード */